水泳でダイエット!体重を減らしたい時は泳ぐことがベスト! 水中での運動の利点とは?

効率良く体重を落とすにはやはり運動が最も手っ取り早く、適切な手段であると言えるでしょう。そして数あるスポーツの中でも、特にふさわしいと呼べるものが「水泳」です。

水泳は全身をまんべんなく動かすことが出来るため、筋肉は何処か一部分に偏ることなく付く上に、基礎代謝が向上するので余計な脂肪を燃焼しやすくなるというメリットも備えています。

動きが鈍くなる水中で全力を出すので、そのぶん地上で運動を行うよりも大幅にカロリーは減少します。

関節を痛める確率も低く、肉体はもちろん精神への負担も少ないため、軽い気持ちで始められるスポーツでもあります。

やるからにはプロ選手のように美しい泳ぎと体型を目標に掲げる人も多いかもしれませんが、無理をすればするほど支障を来すため、理想を追いかけるのではなくあくまでも痩せることだけを考えて、自分のペースを保ちながらゆっくりと続けていくようにしましょう。

どれくらいの効果があるのか?

水泳はジョギングなどとは違い、水に入って身体を動かすやり方です。これはシンプルではありますが、非常に重要なポイントなのです。

水中では全身に圧力が掛かり、力を入れていなければすぐに身体が浮いてしまいます。さらに温度も異なります。

これらは全てダイエットを成功させるための大切な要素であり、良いサポーターでもあるのです。

水の中では常に抵抗力が働くので、ちょっと片手を動かそうとしただけでも思うようにいかないことがあります。

しかしこの状態で動いていると、不安定な水中でもバランスを取りながら動こうとして自然と力むため、いつの間にか何かのトレーニングを積み重ねた時と同じくらいの筋肉を手に入れることが出来ます。

基礎代謝もパワーアップ!

水に入ることで掛かる負荷は、身体の内側の奥まったところにあるインナーマッスルを鍛え上げてくれます。

インナーマッスルが丈夫になるということは、基礎代謝が上がることに繋がります。つまり一度に失われるカロリーの量が増えて、ダイエットに適した身体へと作り替えられるのです。

基礎代謝がどれくらいあるのかは人によってバラバラですが、どちらかというと女性の方が低いとされています。

加齢も原因のひとつなので、若いうちからインナーマッスルを鍛えておき、脂肪の付きにくい身体を作っておくことをおすすめします。

水泳をすると血の巡りも良くなる!

水圧に逆らいながら動くというのは、全身に痛みのない刺激を与えていることと同義です。

また水中では圧力のせいで多少の息苦しさを感じるものの、心拍数が抑えられ、肺活量は今までよりも引き上げられます。

これはマッサージを受けているようなものなので、結果的に血管内をスムーズに血が通過するようになります。

浮力も厄介ではありますが、浮かぶことで関節には衝撃が加わらなくなり、重い人や大柄な人でも怪我をしなくて済みます。

緩和される負荷は水の量で変わってきますが、大体胸まであれば7割ほどが和らぐと言われています。

足腰の弱い人や、膝や関節が痛くて走ることが出来ない人は、是非水泳をやってみて下さい。

泳がなくても、のんびりと歩くだけで十分な効果を得ることが出来るでしょう。