ダイエットをするなら泳ぐべきか、走るべきか?水泳とジョギング比較

ダイエットの方法は実に様々なものがありますが、やはり最も有効とされているのはスポーツです。

その際によく挙げられるのは「水泳」と「ジョギング」の2つですが、どうせ実行するのなら、より効果が得られる方を行いたいところです。

しかしどちらが適しているのかは、はっきりと分かっていません。そこで今回はそれぞれの違いや利点についてお教えしたいと思います。

減らせるカロリーの量は?

比較するための基準値として一番分かりやすいのは「消費カロリー」の数値です。

両方を30分ほどやった場合、ジョギングは200キロカロリーですが、水泳は250キロカロリーと、後者がやや上回っています。

これは水中で身体を動かしたことで筋肉がつき、基礎代謝がこれまでよりも引き上げられた結果、脂肪を燃焼する効率が上がったためです。

食事制限とは異なり、リバウンドが発生することも滅多にない上、足腰が引き締まるので美しい体型も手に入ります。

ただしあくまでも筋肉を鍛えたことによる恩恵なので、筋肉量が減少すると元の状態に戻ってしまいます。

なるべく怠けず、毎日こつこつと続けていくようにしましょう。

身体を痛めずにダイエットをしたい時は?

ジョギングは有酸素運動なので、痩せるための手段としてはぴったりなのですが、走った衝撃や転倒事故などが原因で、膝や足首などに怪我を負ってしまう可能性があります。

ですが水泳なら身体がふわふわと浮かんでいるので、身体への負荷は大幅に緩和されます。

また泳ぐ時には水圧や抵抗力に逆らわなければなりませんが、実はこの時に受ける衝撃は、マッサージをされた時と同じものなので、セルライトのような厄介な成分も難なく落とせるというメリットが備わっています。

無理に泳がなくても、水の中を歩き回るだけでそれなりの効果が期待出来るでしょう。つまり運動が苦手な人でも取っ付きやすいのです。

健康状態を気にしている人や、本格的にダイエットを開始したい人は、プールやスイミングスクールへ行ってみることをおすすめします。

始めやすいのは?

ジョギングを開始するのに特別な道具はいりません。走りやすい格好と靴さえ揃っていれば、後は近所でも何処でも好きなところを走ればいいからです。

一方、水泳の場合は市営のプールやジムに通わなければならないので、お金と時間が掛かります。泳いだ後の着替えや、髪の毛などの手入れもジョギングよりは念入りに行う必要があるので、あまり手軽とは言えません。

2つを比べてみると、効果が高いのは水泳となりますが、準備などの細かい部分を含めればジョギングに軍配が上がると言えるでしょう。普段の生活や、自宅周辺のジムの有無などを考えて、自分がやりやすいと感じた方をやって下さい。

どちらを選ぶにしろ、大切なのは継続していくことです。