水泳を取り入れたダイエットを行う際にぜひとも覚えておきたいこと

水泳はダイエットを行う方には非常におすすめできます。
水泳は様々な有酸素運動の中でも消費カロリーが大きいことに加えて、筋トレを行った時のように引き締まったボディになることが見込めるからです。

ここでは、水泳とダイエットの関係についてお話ししていきたいと思います。

筋トレを行った時の効果も期待できる水泳

ダイエットを行う方に水泳をおすすめできるのは、有酸素運動を行った時の効果と筋トレを行った時の効果の両方が期待できるからです。

体重を落とすことだけが目的であれば、食事の量の調整や有酸素運動を行っていけばよいのですが、その際に水泳を取り入れると引き締まったボディになることが見込めます。

また、水泳には脂肪燃焼効果もあるため、他のダイエット法と比べより大きな効果が期待できるのです。

ダイエットを行う方には平泳ぎがおすすめ?

水泳と一口に言っても、『平泳ぎ』、『クロール』など様々な泳法があります。
では、ダイエットを目的に水泳を行う場合には、どの泳法が最適なのでしょうか?

『平泳ぎ』は水をかく時に足の筋肉を使用するため、下半身強化を目的とする場合におすすめの泳法で、腹筋、ウエスト部分の筋肉も使用することから、腹部やウエストのたるみの解消も期待できます。

『クロール』は、腹筋と肩の筋肉、手や足の筋肉をよく使用するため、肩や手足を引き締めたい方におすすめの泳法です。
『バタフライ』は、大胸筋、広背筋を使用することから、胸、背中の筋肉を鍛えたい方におすすめの泳法と言えますが、非常に疲れやすい泳法でもありますので、特に体力に自信がない方の場合は、クロールと平泳ぎを代わる代わる行うというやり方もダイエット法としては十分おすすめできます。

ダイエットに水泳を取り入れた場合は、いつ食事を摂るべき?

水泳によるダイエット効果を少しでも小さくしないためには、いつ食事を摂るのがよいのでしょうか?
一般的には食事を摂っていない状態で水泳を行うことで脂肪燃焼効果が期待できると言われていて、これに関してはジョギングなどを行っている方も聞いたことがあるかと思います。

それを踏まえると脂肪を燃焼させたい場合は運動前に食事を摂ってはいけないものと考えたくなりますが、決してそんなことはありません。

食事を摂る前の方がより多くの脂肪が燃焼するのは間違いありませんが、食事をいつ摂ろうともそれは体脂肪率が変動するタイミングが変わるにすぎず、結果的には同じ体脂肪率となるため、ダイエットという点で考えれば前でも後でも効果に違いが出るようなことはないのです。

例えば、食事を摂る前にカロリー消費量720kcalの水泳を行った場合、100gの体脂肪が燃焼しますが、その後720kcalの食事を摂れば100gの体脂肪が増えることになるため、結果的に体脂肪量には変化がないことがお分かりになるかと思います。

では、先に720kcalの食事を摂った場合はどうでしょうか?

720kcalの食事を摂ると体脂肪も100g増えますが、食事を摂った後の水泳で720kcalを消費し、体脂肪も100g減りますので、この場合も結果的に体脂肪量には変化がないわけです。

ただし、運動を行う際には糖質もエネルギーとして使用されるため、食事を摂った後のように体内に糖質の多い状態の時は、脂肪の燃焼量自体は減ると考えられます。

それでも、食事を摂った後に水泳を行えばカロリーは間違いなく消費しますので、食事によって脂肪が増えることはありません。

つまり、体脂肪量という点だけで考えた場合は、食事を摂る前に水泳を行うことでより多くの体脂肪が燃焼し、反対に食事を摂った後に水泳を行えば現在の体脂肪量をキープできると言えるわけですが、ダイエットという点で考えればそんなことは気にする必要はないのです。

ダイエットの場合は、摂取カロリーより消費カロリーを多くすることが重要ですので、いつ食事を摂ろうとも体重の変動に影響を与えるようなことはありません。

ですから、自分の好きなタイミングで食事を摂ったり、水泳を行ったりしていただければと思います。