水泳を始める前に!慣れない人が水泳にチャレンジする時に気をつけるポイント

初心者が水泳でダイエットを始めるときに気をつけること

自分のペースで泳ぐ

有酸素運動で効果が期待できるのは、開始から20分経過後といわれています。始めからペースを飛ばし過ぎて20分経過以前に力尽きないよう自分のペースを守って泳ぎましょう。

泳ぐときのフォームは正しく

効率よくカロリー消費をするためには、正しいフォームで泳ぐことが肝心です。自己流での泳ぎ方は力の入り方が偏ったりして脂肪燃焼が非効率になりますので、正しいフォームを身に付けて泳いでください。

水泳中にもしも足がつってしまったら

筋肉が萎縮するとけいれんして足がつってしまいます。そんなときには落ち着いて、いったん水中から上がるようにしてください。無理に泳ごうとすると溺れてしまうので気をつけましょう。水から上がったらストレッチをしてつった足をやさしく伸ばすようにしてください。足のつりが治まってきたらしっかりと水分を取るようにしてください。

事前の準備運動は忘れずに

準備運動をしないでいきなり泳ぐと足をつったりケガの原因になります。また、身体を温めないで水中に入ると温度差で心臓に負担がかかります。

準備運動をすれば心拍数の上昇が緩やかになるので、身体への負担が軽減されます。意識しなくても、水泳中は日常では使わない細部の筋肉にまで力が入ってしまいます。だからこそ、事前に準備運動をして筋肉をやわらかくしておきましょう。

準備運動の中でもお勧めなのはストレッチです。その際には足の筋肉を重点的に伸ばしてください。特に屈伸、伸脚、アキレス腱などはより丁寧にストレッチするよう意識しましょう。

足首だけではなく、足の指一本一本も回すようにして丁寧にほぐしていきます。ストレッチの方法としてラジオ体操をするのも良いでしょう。。ラジオ体操は身体全体をくまなくほぐせます。腰回りまでしっかりとストレッチができるので、水中でお腹が痛くなりがちな人はぜひ試してみてください。

ストレッチには少なくとも10分は時間をかけるようにしてください。

準備運動を省いてしまったり、適当にしたりすると、水泳中の事故やケガの原因になります。面倒でも省略せずにしっかりとおこなってください。